自己破産で気持ちが楽になる【負債を全て帳消しにする法的な処理】

必ず弁護士に相談しよう

電卓

裁判所の判断による基準

受け取る金額が全く異なるのが、交通事故の慰謝料。交通事故の被害者となった方は、慰謝料の算出方法をしっかりと理解しなければなりません。算出方法により相場は違い、安易な決断は後悔を招きます。交通事故慰謝料で最も低額となるのが、自賠責基準による算出方法です。被害者の最低限の救済を目的としている自賠責保険は、その目的どおりに最低限の慰謝料しか支払われません。次に低額なのが、任意保険基準による算出方法です。任意に加入する保険会社が決めた基準であり、一般的な慰謝料算出方法として知られています。ただ、保険会社により相場は異なる上に、十分な金額とは言えません。また、保険会社と交渉しようにも、任意保険基準を理由に交渉がスムーズに進まないのもデメリットです。慰謝料の相場が最も高額となるのが、弁護士基準による算出方法です。裁判基準とも言われており、過去の裁判所の判断を基にした基準です。自賠責基準や任意保険基準よりも、はるかに相場が高くなります。ただ、弁護士に相談しなければ、弁護士基準で慰謝料を請求することはできません。まずは気軽に弁護士事務所を訪れ、保険会社との交渉を一任しましょう。加入している保険に弁護士特約が付いている場合には、弁護士費用は無料です。また、交通事故相談を無料で対応している事務所が多く、費用を気にせずに相談できます。後遺障害の認定に強い事務所もあり、より高額の慰謝料を請求することも可能です。

Copyright© 2018 自己破産で気持ちが楽になる【負債を全て帳消しにする法的な処理】 All Rights Reserved.